彰国社

検索

計画・設計

隈研吾/極小・小・中・大のディテール

隈研吾/極小・小・中・大のディテール

隈研吾建築都市設計事務所 編著  A4変・96頁  定価(本体 2,900円+税) ISBN:978-4-395-02501-5

現代の巨大建築は、スケール感を失い、場所や身体とのつながりを欠いて、アイコン化している。これに対し、隈研吾は「極小の建築」「小の建築」で発見したさまざまな素材の基本単位寸法を応用し、「大の建築」でも身...続きを読む

建築・まち模型づくりマニュアル

建築・まち模型づくりマニュアル

岩村和夫・塙智之 著  A4  定価(本体 3,400円+税) ISBN:978-4-395-02001-0

建築、まちづくり、都市デザイン模型制作の入門書。実際の設計過程の流れ(時系列)と、その段階ごとに求められる1/1000から1/30までの縮尺(スケール)の2つの軸をもとに、模型のつくり方を具体的に解説...続きを読む

家具・インテリア・建築のデザイン基礎

北欧の巨匠に学ぶ図法

家具・インテリア・建築のデザイン基礎

鈴木敏彦・大塚篤・小川真樹・半田雅俊・村山隆司 著  B5・114頁  定価(本体 2,700円+税) ISBN:978-4-395-01301-2

プロダクツから空間の図法まで串刺しのデザイン入門書。身の回りの家具やプロダクツからインテリア、建築へとスケールを広げる方法を、アルネ・ヤコブセンの作品を題材に基礎から学ぶ本。
[主な目...続きを読む

海と自然と建築と

海と自然と建築と

長谷川逸子 著  B4・160頁  定価(本体 3,400円+税) ISBN:978-4-395-02201-4

長谷川逸子のスケッチ集。建築設計をスタートした頃の小住宅から藤沢市湘南台文化センター、山梨フルーツミュージアム、新潟市民芸術文化会館、珠洲市多目的ホールを経て、パリや上海の最新プロジェクトまで、数々の...続きを読む

スケッチ感覚でパースが描ける本

スケッチ感覚でパースが描ける本

中山繁信 著  A5・128頁  定価(本体 1,905円+税) ISBN:978-4-395-02101-7

スケッチなら気軽に紙の上で手を動かせるのに、パースは遠近法という図法が複雑なため建築専攻の学生でも苦手意識がある人が少なくない。そこでこの本では「スケッチのように適当で」「コツをおさえた」パースの描き...続きを読む

ガーデンデザインのプレゼンテクニック

すぐ描ける!

ガーデンデザインのプレゼンテクニック

高崎康隆・本田奈緒子 著  B5・100頁  定価(本体 2,500円+税) ISBN:978-4-395-00898-8

ガーデンデザイナーにはつくろうとする造園のイメージを立体的な絵にしてクライアントにプレゼンする技術が不可欠である。この本では、実践的な作図の方法と線描と着彩の表現技術を紹介する。
[主...続きを読む

ガウディの建築

実測図で読む

ガウディの建築

田中裕也 著  B5変上製・228頁  定価(本体 5,000円+税) ISBN:978-4-395-00899-5

彰国社創業80周年記念出版 ガウディ建築の魅力に引き付けられてバルセロナに住み着き、ライフワークとしてガウディ建築の実測に取り組んできた筆者の仕事の集大成。ガウディ...続きを読む

建築ディテール「基本の<ruby><rb>き</rb><rp>(</rp><rt>・</rt><rp>)</rp></ruby>」

構法クイズで原理を学ぶ

建築ディテール「基本の()

真鍋恒博 著  B6・260頁  定価(本体 2,200円+税) ISBN:978-4-395-01222-0

建築のスタンダードなディテールにひそむ原理と技術の歴史を、52のクイズを通して理解しよう。 カテゴリー別でも機能別でも部位別でも挑戦できる。クイズの解答と解説のあとには、必ずそのテーマに関するうんち...続きを読む

高齢者介護・看護施設の計画と設計

高齢者介護・看護施設の計画と設計

伊沢陽一 著  A4変・266頁  定価(本体 5,000円+税) ISBN:978-4-395-00722-6

本書は、著者の長年にわたる医療・福祉施設などの設計・監理の実務経験をもとにまとめたもの。超高齢社会を迎える日本では、このビルディングタイプについての設計資料は今後ますます必要性を増すと思われる。 ...続きを読む

住宅の空間原論

住宅の空間原論

遠藤政樹・小泉雅生・佐藤光彦・下吹越武人 著  B5変・204頁  定価(本体 2,800円+税) ISBN:978-4-395-00896-4

建築設計の実務に携わる4人の建築家が執筆。住宅設計の際に考えなければならない大切な視点を7項目に分類し、実例を示しながら論を展開。図面は基本的に300分の1に統一。大学の課題や設計に取り組む際にぜひ知...続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。