建築設備

「建築の設備」入門  新訂第二版

「建築の設備」入門 新訂第二版

「建築の設備」入門編集委員会 編著  B5・206頁  定価(本体 3,000円+税) ISBN:978-4-395-32095-0

建築計画と一体で建築設備を考えることができるような解説を目指したのが本書の大きな特色である。初版刊行から15年、「建築物省エネ法」が本年に施行されることを受けて、「6章/建築と省エネルギー」を全面的に...続きを読む

ゼロからはじめる建築の[設備]演習

ゼロからはじめる建築の[設備]演習

原口秀昭 著  四六変・350頁  定価(本体 2,400円+税) ISBN:978-4-395-32077-6

ゼロからシリーズの14冊目。 建築計画のそれぞれの分野について、要点を○×で答えるという1問1答形式。1・2級建築士の問題と同等のレベルである。空調・給排水・電気など、範囲が広く複雑な機器のシステム...続きを読む

デザイナーのための住宅設備設計術

デザイナーのための住宅設備設計術

高柳英明・添田貴之 著  A5・152頁  定価(本体 2,400円+税) ISBN:978-4-395-32067-7

設備機器(計画)の基礎を踏まえ、設計者のこだわりをどのようなアイデアで、どのように解決(実現)したかをまとめたソリューション集(問題解決集)。 独立住宅だけでなく 中規模集合住宅でも活用できる設計初心...続きを読む

給排水設備

基礎からわかる

給排水設備

坂上恭助・鎌田元康 編/石渡博・市川憲良・大塚雅之・岡田誠之・鎌田元康・坂上恭助・下田邦雄 著   B5・248頁  定価(本体 3,300円+税) ISBN:978-4-395-00882-7

建築設備は、電気設備、空調設備、給排水設備(衛生設備)に大別されるが、級排水設備の基本は、この2世紀、ほとんど変わっていない。この本では、給排水設備の原則を押さえ、住宅の給排水設備の計画・設計まで含ん...続きを読む

「建築の設備」入門 

「建築の設備」入門 

新訂版 空調・給排水衛生・防災・省エネルギー

「建築の設備」入門編集委員会 編著  B5・196頁  定価(本体 3,000円+税) ISBN:978-4-395-00881-0

この本は設備の専門家向けの本ではなく、建築の意匠・計画を目指す人たちにも設備に対する基本的理解やセンスを養ってもらうための、設備学の入門書。空調・給排水衛生・防災設備を中心に、図版を多用している。 ...続きを読む

建築の電気設備

建築の電気設備

建築電気設備編集委員会 編著  B5・148頁  定価(本体 2,400円+税) ISBN:978-4-395-00880-3

電気の基礎的知識を平易に解説しながら、建築の基本計画・スペース計画と建築電気設備とがどのように関係するかが理解できるように編んだ入門書。電圧降下や照度計算など最低限必要な事項を除き、数式を使った解説は...続きを読む

建築設備学教科書 

建築設備学教科書 

新訂第二版

建築設備学教科書研究会 編著  B5・272頁  定価(本体 3,600円+税) ISBN:978-4-395-00853-7

建築設備の技術を網羅的に述べた建築設備の入門書、定番教科書。一口に設備と言っても電気設備、給排水・衛生設備、空気調和設備、防災設備、情報設備まで多岐にわたるので、総勢54人の執筆人が分担している。 ...続きを読む

建築設備チェックリスト

デザイナーのための

建築設備チェックリスト

彰国社 編  A4変・230頁  定価(本体 4,400円+税) ISBN:4-395-11113-0

デザイナーが建築設計上必要とする設備に関するデータを整理し、それらを実務のさまざまな場面や状況に応じて容易に検索できるようにまとめあげたチェックリスト。デザイナーの実務性にあわせて内容の見直しを図った...続きを読む

衛生設備

新訂わかり易い設備工学講座 3

衛生設備

改訂第三版

戸崎重弘・片小田節男・加藤平二郎 著  A5・212頁  定価(本体 2,400円+税) ISBN:4-395-29018-3

設備工学の基礎知識をより系統的に学習でき、広く教材として役立つように配慮したシリーズで、最新の建築基準法、消防法、その他規格等の改正に伴い改訂第三版とした。 [目次] 1.給排水設備 2.給水設備 ...続きを読む

空気調和・衛生設備の基礎

新訂わかり易い設備工学講座 1

空気調和・衛生設備の基礎

改訂第二版

牧野彰一・今井与蔵・植村朝一 著  A5・226頁  定価(本体 2,500円+税) ISBN:4-395-29006-X

本書は、設備工学を志す人、さらに中堅技術者として実務に就いている人にお勧めの一冊。水や空気の性質を理解し、流れの力学、熱との関係を学び、同時に室内外の環境としての気象や騒音の問題を理解できるように構成...続きを読む

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。