彰国社

検索

木造住宅設計教本

木造住宅設計教本

吉田桂二 著

B5・136頁

定価(本体 2,400円+税)

ISBN:4-395-00731-7

2006年01月

[目次]
第1章 総説  第2章 家の形(空間性/架構性/可変性)  第3章 家の内容(自然性/生活性/環境性)  第4章 棲居の再生  第5章 チェックポイント

著者の長年にわたる住宅設計活動の経験から得られた、木造住宅の設計手法が盛り込まれた本。
日本の家の特質は、自然の中に住むことを基本としてその形を決めたものであるが、最近それが憂慮すべき状況にある。今、改めて環境保全の時代に応えるために、環境共生の考え方を木造住宅の設計において実践する。そのための設計ポイントを、著者の実例をもとに具体的に解説している。生活するとはどういうことか、それを組み入れる設計とはどういうことかが納得できる教本である。

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。