彰国社

検索

青木義次の計画発想法

青木義次 著

B6・202頁

定価(本体 1,905円+税)

ISBN:978-4-395-01214-5

2009年09月

建築の計画やデザインを考えていくうえで、斬新なアイデアを出し独創的であることと、失敗しないように慎重であることは、一見相反するように感じられるかも知れない。しかし、失敗をしないようにいろいろ思考し、工夫を凝らすことから独創的なアイデアが生まれることがある。
本書は、建築の発想において、アイデアを導くと同時に失敗を回避する、そのためのポイントをまとめたものである。

[目次]
1. 発想も失敗回避も想像から 2. みんなで渡るのが怖い 3. 流行というマンネリ 4. 問題をつくるな 5. 経験と常識とのつきあい方 6. イメージをブラッシュアップせよ 7. だれが理解するかを理解する 8. 思考のセクショナリズムを打破する 9. 時間の流れを考える 10. 最適だからこそあぶない 11. プロフェッショナルの危険 12. 失敗や不備を活用する 13. いけないことは考えたがるし考えたほうがよい ほか

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。