彰国社

検索

ディテール 2005年7月号

ディテール 2005年7月号

165号(2005年夏季号) 特集 日本の建築遺伝子

A4変・160頁

定価(本体 2,143円+税)

2005年07月

■特集 
日本の建築遺伝子
(編集委員:小林和教・東利恵・太田浩史)
「日本の建築遺伝子」を探る
[事例]
八ヶ岳の家/堀部安嗣、北鎌倉の家/小林和教、イチイ/デザイン・スタジオピン、時空が造る家/オークヴィレッジ木造建築研究所、世紗弥/坂本昭、IS:設計組織ADH、星野温泉・トンボの湯/東利恵、大内山村野鳥観察舎/デザインヌーヴ、雅楽倶/内藤廣、電通新社屋/ジャン・ヌーヴェル+大林組、レイケイ南青山ビル/竹中工務店、燈翳/川口通正、福砂屋・松が枝店/中村享一+藤江和子、ルイ・ヴィトン六本木ヒルズ店/青木淳、悠々亭/木原千利、世田谷村/石山修武、高柳の家/竹原義二、村井正誠記念美術館/隈研吾、一夜亭/藤森照信
■短期集中連載 
転用のディテール―発想のエクササイズ
(編集協力:山田宰)
・新企画/リレー連載 建築アーカイブス
第1回:伊東忠太旧蔵資料を読む  倉方俊輔
■丹下健三追悼寄稿 日本のモダニズム・ディテールの原典  藤森照信
■新連載 
風景をつくるディテール  新宿NOA
■連載 
・「マド」の思想-名住宅を原図で読む 3 松が丘の家(設計:池原義郎)  古谷誠章
・耐震設計のディテール 6 グリーン・マスダンパーによる制振構造/けやき坂コンプレックス(設計:森ビル)  JASO技術委員会・ディテールグループ
・「問い」としてのディテール 8(最終回) 高度成長へ(1950年代)  内田祥士
・木の構造デザイン入門 5 木造ラーメン(1)  稲山正弘
・PC造入門 10(最終回) 建築設計によって決まるディテール  清家剛・腰原幹雄・徐光・呉東航
■コラム 
ディテールの種子:野田俊太郎/感覚を数値でとらえる:知久昭夫/納まり-「基本のき」:真鍋恒博/世界遺産のディテール:杉本賢司
■今日のディテール 
・多様な複合機能に対応するダブルスキン-第二吉本ビルディング/竹中工務店
・緑の階段とワインボトルの光床-第二吉本ビルディング/竹中工務店
・存在感を消したガラスのルーバー庇-オービックビル/日建設計
・超高層初,テラコッタルーバー-赤坂インターシティ/日本設計
・乾式・透明のガラスブロック壁-KUMAKIRI/安田幸一研究室+安田アトリエ
・繭のような木造架構の集会所-砥用町林業総合センター/西沢大良建築設計事務所,構造:Arup Japan
・引違いサッシュによる多様なファサード-静岡大成中学校・高等学校/長谷川逸子・建築計画工房
・おおらかに三次曲面を描くアリーナ挌天井-戸田市立芦原小学校/小泉雅生/小泉アトリエ
・竹籠を巨大化する工夫-愛・地球博 長久手日本館/企画調整・監理:国土交通省中部地方整備局営繕課、日本設計
・円弧形状を生かした集成材ブロック造-愛・地球博 ささしまサテライト事業「デ・ラ・ファンタジア」チケットセンター/森下建築総研/森下修

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。