彰国社

検索

ディテール 2008年10月号

ディテール 2008年10月号

178号(2008年秋季号) 特集 壁面・斜面緑化の現在形

A4変・132頁

定価(本体 2,143円+税)

2008年10月

■特集 
壁面・斜面緑化の現在形
[事例] 
・利用者を包み込む緑のダブルスキン―東急大岡山駅上東急病院/東京急行電鉄,安田幸一研究室+安田アトリエ,大建設計
・都市の中の新しい道「クロスロード」と緑化ルーバー―長崎市立図書館/三菱地所設計・安井建築設計事務所 建築設計共同企業体
・シャッフルされた境界面としてのグリーン+ステンレスルーバー―Z58/隈研吾建築都市設計事務所
・自然を拝借し、里山へ還すための環境ルーバー―洞爺湖サミット国際メディアセンター/日本設計 環境負荷低減技術支援:竹中工務店
・超高層の足元を飾る緑の駐輪場―新丸の内ビルディング/三菱地所設計
・貫通道路を彩るアメニティウォールと超高層頂部の壁面緑化―日本工業倶楽部会館,三菱UFJ信託銀行本店ビル/三菱地所設計
・乾式タイルを用いたスナゴケ緑化―ホテルコンチネンタル府中新館/アーキテクトファイブ
・自然の土味を生かして憩いと潤いを与える「緑化陶壁」―アーバンネット名古屋ビル/NTT都市開発一級建築士事務所・大成建設一級建築士事務所・日総建・NTTファシリティーズ都市建築設計事務所
・ビルの谷間に重厚な大地を呼び込む―毎日インテシオ/日建設計 ランドスケープ:鳳コンサルタント環境デザイン研究所
・既存建物を利用して,校舎に「緑の軸」を形成する―下北沢成徳高等学校/大成建設一級建築士事務所
・山並みに調和する巨大ドームの湾曲面緑化―兵庫県三木総合防災公園ビーンズドーム/遠藤秀平建築研究所
■特集2 
アーバン・スモール・ハウジング―建築の計画とディテール
[事例]
・空間とのかかわりから個を顕す―グレインズ・シモメグロ/小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt
・公営住宅が街の風景に同化する―芦屋市営若宮町住宅/江川直樹/現代計画研究所・大阪
・蛍舞う里山を都心に拓く―apartment鶉/泉幸甫/泉幸甫建築研究所
・時が重なり心地よさを増幅する―箕面スワローハイツ/遠藤剛生/遠藤剛生建築設計事務所
■小特集 
ドレスをまとった美しいシルエット―新世代超高層の出現
モード学園 スパイラルタワー/設計:日建設計
■連載 
・内田祥哉・三題噺 13 「屏風」「織物」「金の鯱」
・建築家と町工場の可能性――量を担った技術を考える 3 建築家と「エンプラ加工」  内田祥士
・リレー連載/建築アーカイブズ 14 建築資料公開の時代に向けて  中原まり
■秋のコラム 
・ディテールの世界風景 エルサレムに実現した優美かつ唯一の「瓶の蓋」  安田幸一
・ディテールの種子 フォークロアな細部  野田俊太郎
・納まり-基本の「き」 軒先の水処理  真鍋恒博
・世界遺産のディテール 仏塔探訪  杉本賢司
■今日のディテール 
・地場産の杉湾曲集成材から生み出されるハイブリッド構造-日向市駅/内藤廣建築設計事務所,九州旅客鉄道・交建設計
・端正な高層部と緑のプレートの対比が生む凛とした空気感-相模女子大学マーガレット本館/日本設計
・新鮮な表情を与える体育館外壁-相模女子大学体育館/日本設計
・LED照明を使った薄くてシンプルなサイン計画-JEWEL BOX GINZA/竹中工務店
・開閉できるアルミ格子のファサード-森のとなり(武蔵小山の長屋)/武井誠+鍋島千絵/TNA
・目地を消したペンシルビルの外壁-汐留MKタワー/大成建設一級建築士事務所
・光と視線を制御するガラスクロス可動ルーバー-コンカード博多/久米設計
・客室重視ビジネスホテルの透明バスルーム-TX秋葉原阪急ビル/大成建設一級建築士事務所
・補強コンクリートブロック造長屋の透明バスルーム-Hi-ROOMS 明大前A 線路際の長屋/若松均建築設計事務所
・敷地境界ぎりぎりに建つ築48年の名建築を耐震改修-日本大学理工学部駿河台校舎5号館/清水建設一級建築士事務所

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。