藤村龍至/TEAM ROUNDABOUTインタビュー集

アーキテクト2.0——2011年以後の建築家像

藤村龍至/TEAM ROUNDABOUT 編著

四六・256頁

定価(本体 2,000円+税)

ISBN:978-4-395-01029-5

2011年11月

情報化、郊外化の著しい現代に必要とされる建築家像を探るべく、20人の建築家・社会学者らと対話した藤村龍至/TEAM ROUNDABOUTのインタビュー集。
対話者は、磯崎新、濱野智史、伊東豊雄、古谷誠章、小野田泰明、ヨコミゾマコト、難波和彦、山梨知彦、中山英之、田中浩也+松川昌平、鈴木謙介、五十嵐淳、小嶋一浩、梅林克+宮本佳明、迫慶一郎、岡部明子、井手健一郎、井口勝文。

[主な目次]
序   「アーキテクト2.0」とは何か 藤村龍至
第1章 1995年以後の都市・建築を考える
第2章 情報化を考える
第3章 郊外化を考える

関連書籍

復刻版

現代建築愚作論

八田利也 著  B6・238頁  定価(本体 2,000円+税)

ISBN:978-4-395-01236-7

はったりをきかせたペンネームの著者は、若き日の磯崎新、伊藤ていじ、川上秀光の3人。1961年の刊行以来、建築界に物議をかもした話題作をついに復刻。若手建築家、藤村龍至が「解説『量』から『アーキテクチャ...続きを読む

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。