彰国社

検索

復刻版

建築と都市

デザインおぼえがき

丹下健三 著

B6・228頁

定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-01240-4

2011年11月

1970年に刊行された丹下健三著『建築と都市 デザインおぼえがき』の復刻版。都市についての、主に1960年代の論考が収録されている。この時期、日本では1964年に東京オリンピックが、1970年には大阪万博が開催され、著者はこの2つの国家的イベントに深くかかわっている。その著者がこの時期に提案したのが、政府の同心円的首都圏整備計画に対抗する「東京計画1960」と、日本列島の将来像を論じた「東海道メガロポリス」である。本書には著者が日本で創造したかった都市環境が描かれている。

[主な目次]
復刻に寄せて 丹下憲孝
Ⅰ 内部機能と外部機能
Ⅱ 機能と構造
Ⅲ 日本列島の将来像
Ⅳ 東京計画―1960―その構造改革の提案
Ⅴ 空間都市と人工土地―都市・交通・建築の有機的統一
Ⅵ 現代都市と人間性―現代都市における人間性豊かな空間秩序の回復
Ⅶ 設計の経験
解説 藤森照信

関連書籍

復刻版

代謝建築論

か・かた・かたち

菊竹清訓 著   B6変・236頁   定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-01208-4

設計するとはどういうことかを考え抜いた著者の『代謝建築論』の復刻版。 社会的インフラを担う建築は、「か」(構想的段階)がとくに重要で、未来に対するヴィジョンが設計には必要であると力説する。 [目次]...続きを読む

復刻版

日本の広場

彰国社 編  A4変・104頁  定価(本体 2,800円+税)

ISBN:978-4-395-00812-4

日本にはヨーロッパ的広場はないとされてきた。しかし、日本には、古くは一揆や祭り、また洗濯場や井戸、近代ではデモや集会など、自然発生的に広場が形成されてきたのではないか。本書は、そのような視点に立ち、全...続きを読む

Showa Style

再編・建築写真文庫〈商業施設〉

都築響一 編  四六・800頁  定価(本体 5,000円+税)

ISBN:978-4-395-01241-1

当代随一の街歩き人・都築響一が、昭和28年から45年まで145巻を刊行した『建築写真文庫』の店舗関係79巻を、再編集。原書の編集は建築家で粋人・北尾春道。昭和の息吹が甦る貴重で楽しい1冊。 [主...続きを読む

復刻版

本瓦葺の技術

太田博太郎 監修/井上新太郎 著  B6・296頁   定価(本体 2,600円+税)

ISBN:978-4-395-01233-6

法隆寺の修理に長い間携わった本瓦葺の名人が、自ら体得し編み出した技法を理論的にまとめたもの。復刊を望む多くの声に応えて刊行。和風建築に携わる人には、伝統的な技術の伝承書として貴重な1冊。 [目次...続きを読む

復刻版 現代建築用語録

宮脇檀・コンペイトウ 著  B6・290頁  定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-01234-3

1971年刊行以来ロングセラーだった『現代建築用語録』の復刻版。建築にかかわるものが知っておくべき基礎知識の中から116のキーワードを写真・図版を織り交ぜながら解説。40年経ったいまでも決して古びない...続きを読む

復刻版 続・現代建築用語録

宮脇檀・井出建・松山巌 著  B6・278頁  定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-01235-0

1978年に初版が刊行された『続・現代建築用語録』の復刻版。知っておくべき建築の基礎知識の中から83のキーワードを写真・図版を織り交ぜながら解説。『現代建築用語録』と合わせて199のキーワードはいまも...続きを読む

復刻版

行動建築論

メタボリズムの美学

黒川紀章 著  B6・304頁  定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-01238-1

「建築はなくなっても、思想は生きつづける。1960年代、世界に向けて発信した黒川メタボリズムがいまふたたび問いかける、生命(いのち)の建築と都市の生命(いのち)」(南條史生 森美術館館長、復刻版の帯か...続きを読む

復刻版

日本建築宣言文集

藤井正一郎・山口廣 編著  B6・406頁  定価(本体 2,800円+税)

ISBN:978-4-395-01237-4

原著は、明治、大正、昭和(「五期会宣言」まで)の代表的な建築の宣言や論文を、ふたりの建築史家が取捨選択して編んだもの。各時代の重要な論文が集められており、復刻を望む建築関係者の声が高かった1冊。 ...続きを読む

復刻版

現代建築愚作論

八田利也 著  B6・238頁  定価(本体 2,000円+税)

ISBN:978-4-395-01236-7

はったりをきかせたペンネームの著者は、若き日の磯崎新、伊藤ていじ、川上秀光の3人。1961年の刊行以来、建築界に物議をかもした話題作をついに復刻。若手建築家、藤村龍至が「解説『量』から『アーキテクチャ...続きを読む

復刻版

人間と建築

デザインおぼえがき

丹下健三 著  B6・316頁  定価(本体 2,300円+税)

ISBN:978-4-395-01239-8

1970年に刊行された丹下健三著『人間と建築 デザインおぼえがき』の復刻版。1951年から1965年までの、主に雑誌に発表した文章を収録している。建築家の職能から始まって、建築家と民衆の関わり、岡本太...続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。