彰国社

検索

中世インド建築史紀行

中世インド建築史紀行

聖と俗の共生する世界

小寺武久 著

A5・184頁

定価(本体 3,000円+税)

ISBN:4-395-00530-6

2001年03月

インドの建築は魅力あふれるものが多い。長年調査・研究してきた著者が、わかりやすい紀行文によって紹介するインド建築史の旅。『古代インド建築史紀行』に続く建築史紀行である。

[主な目次]
競い建つ高塔:オリッサの寺院/湧き上がるシカラ:中央インドのヒンドゥー寺院/整然と並ぶ小シカラ:ブーミジャ・シカラの寺院/太陽神の残光:ソーランキルキヤ朝の寺院/山上の幻想空間:西インドのジャイナ教寺院/南デカンの光芒:後期チャーラ朝の寺院/並び建つヴィマーナ:ホイサラ朝の寺院/聳え建つヴィマーナ:チョーラ朝の寺院/勝利の都:ヴィジャヤナガラ/都市を囲むゴープラム:南インドの寺院都市/バーングラの屋根:西ベンガルの寺院/黄金の町:ジャイサルメル

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。