彰国社

検索

スケッチ感覚でパースが描ける本

中山繁信 著

A5・128頁

定価(本体 1,905円+税)

ISBN:978-4-395-02101-7

2012年05月

スケッチなら気軽に紙の上で手を動かせるのに、パースは遠近法という図法が複雑なため建築専攻の学生でも苦手意識がある人が少なくない。そこでこの本では「スケッチのように適当で」「コツをおさえた」パースの描き方を伝授する。コツとは、一言で言えば消点があることを意識して描くことで、これが飲み込めれば、気軽に描いたスケッチも立派なパースになってしまう。パースは苦手という人に最適な本。

[主な目次]

1章 パースの基礎
2章 アクソノのすすめ
3章 インテリアを描く
4章 建物・街を描く
5章 パースの添削例

関連書籍

スケッチ感覚でインテリアパースが描ける本

中山繁信 著  A5・144頁  定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-32133-9

パースは図法のルールの難しさゆえ苦手意識をもってしまう。本書は、図法のルールをまもりつつも、簡単に描けるところ、適当に描いてよい要素など、「適当に描いてもきちんと見える」ことを目標としている。特にイン...続きを読む

スケッチ感覚でインテリアパースが描ける本

中山繁信 著  A5・144頁  定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-32133-9

パースは図法のルールの難しさゆえ苦手意識をもってしまう。本書は、図法のルールをまもりつつも、簡単に描けるところ、適当に描いてよい要素など、「適当に描いてもきちんと見える」ことを目標としている。特にイン...続きを読む

スケッチ感覚でインテリアパースが描ける本

中山繁信 著  A5・144頁  定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-32133-9

パースは図法のルールの難しさゆえ苦手意識をもってしまう。本書は、図法のルールをまもりつつも、簡単に描けるところ、適当に描いてよい要素など、「適当に描いてもきちんと見える」ことを目標としている。特にイン...続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。