彰国社

検索

現代に生きる「境内空間」の再発見

アーキテクチュア ドラマチック

現代に生きる「境内空間」の再発見

都市におけるその魅力を探る

中山繁信 著

B6・252頁

定価(本体 2,400円+税)

品切れ

ISBN:4-395-00591-8

2000年03月

神社や不動堂の境内は昔から人々に常々開放され、ある時は集いの場であり、またあるときは遊びの場となり、そして憩いの場ともなって親しまれてきた。現代の都市化のあらしの中でも「開発」からまぬがれてしたたかに生きながらえてきている。
この境内空間を宗教的視点からではなく、都市を構成する一要素として、人間生活との関連において位置づけ、捉え直したのが本書である。デザインサーベイの事例も掲載。

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。