彰国社

検索

複雑系の建築言語

複雑系の建築言語

チャールズ・ジェンクス 著/工藤国雄 訳

A5・208頁

定価(本体 2,800円+税)

ISBN:4-395-05091-3

2000年11月

『ポストモダンの建築言語』で一躍日本でも名前が浸透したジェンクスの゛The Architecture of the Jumping Universe゜の翻訳。1990年前後から、あらゆる複雑な現象をパソコンと非線形数学を武器に解明しようとする複雑系の科学が勃興した。著者はその考え方を建築に当てはめ、これからの建築が目指す方向を示唆する。

[目次]
序文 機械パラダイムから生命パラダイムへ 黒川紀章  
第1章 単純系か複雑系か(近代建築の言語障害/宇宙に目覚める/複雑性への兆し/近代主義の足枷/ほか)  
第2章 複雑系の建築言語(フラクタルと奇妙なアトラクター/非線形/創発と位相変換/エコロジー/ガイア/ほか 
第3章 宇宙へ(宇宙のメタナラティブとメタファー/天文建築と宇宙参加型建築/宇宙建築の八つの条件/ほか)

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。