保育施設

建築設計テキスト

保育施設

建築設計テキスト編集委員会 編/山田あすか・藤田大輔 著

A4・82頁

定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-32088-2

2017年04月

このシリーズは、学生がまずは建築計画の基本を覚え、いかにそれを設計図に落としていくかという設計の基本を理解できるように、各論的な建築計画、実際の設計現場で必要なプロセス・考え方にそってまとめられた教科書である。国の制度が変わり、さまざまな保育理念、保育形態に基づいた施設ができており、事例として様々な保育園を取り上げている。

[主な目次]
1.概要
 1.1 子育ちと子育てを支える
 1.2 乳幼児の生活・成長発達の場としての配慮
 1.3 保育理念と建築
 1.4 こども施設の種類と計画
 1.5 こども施設の歴史と近年の動向 
 1.6 事例の位置づけ
2.設計・計画
 2.1 敷地
 2.2 構造・設備
 2.3 施設全体の空間構成
 2.4 各室の計画
3.設計事例(8事例:むさしの幼稚園、木の実幼稚園、狭山ひかり幼稚園、ささべ認定こども園、どろんこ保育園、夢花保育園、きたの保育園、あきたチャイルド園)
4.設計図面(1事例:認定こども園あけぼの学園)

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。