ディテール6月号別冊

今を映す「トイレ」

ユニバーサルデザインを超えて、快適性の先に

彰国社 編

A4変・152頁

定価(本体 3,000円+税)

2017年06月

建築設計者が手許に置いておきたいと思う必携のトイレ本。昨年の「障害者差別解消法」施行を受けてLGBTの人たちへの配慮がより一層求められ、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、また不断の備えが必要な災害を意識して、都市規模でのトイレ整備が謳われている現在の情報を補完する。

[構成]
巻頭言:ユニバーサル・デザインの視点から見たトイレの変遷
    執筆/川内美彦(東洋大学 ライフデザイン学部教授)
第1章:トイレ設計の基礎知識
『ディテール』での特集「前説」9項+新規執筆「トイレとバリアフリー法」 合計10項
第2章:今を映すトイレ
『ディテール』掲載46事例(+座談会3本)+追加取材7事例

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。