都市計画とまちづくりがわかる本 第二版

都市計画とまちづくりがわかる本 第二版

伊藤雅春・小林郁雄・澤田雅浩・野澤千絵・真野洋介・山本俊哉 編著

A5・248頁

定価(本体 2,400円+税)

ISBN:978-4-395-32093-6

2017年07月

本書は、1980年代以降、国が中心となる「都市計画」から地域・住民主動の「まちづくり」への大転換がはじまったという認識のなか、都市計画からまちづくりへの流れが事典のかたちにまとめられている。今回第二版として、空き家問題、公共施設の再編、防災・復興のまちづくりなど、2011年3.11以降に重要度を増したテーマをカバーした。

[主な目次]
第1章 都市計画がわかる
世界の都市計画史と思潮/日本の都市計画史/建築基準法の基礎知識/都市計画の枠組み/諸外国の都市計画制度/現代都市計画の思潮/まちづくりの担い手/まちづくりの進め方
第2章 テーマ別まちづくりがわかる
中心市街地の再生まちづくり/超高齢社会のまちづくり/人口減少社会のまちづくり/都市のマネジメント/交通まちづくり/防災・復興まちづくり/防犯のまちづくり/景観まちづくり/環境共生のまちづくり/緑・水の保全と再生

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。