丹下健三 ディテールの思考

丹下健三 ディテールの思考

豊川斎赫 著

四六・270頁

定価(本体 3,000円+税)

ISBN:978-4-395-32101-8

2017年12月

本書は丹下建築のディテールや施工に焦点を当て、構造・設備エンジニアやゼネコン・メーカーの技術者などとともに考えるプロセスを記述し、いかに具体的に実現していったかを伝える。工学技術を最大限に取り込み、近代化を推し進めてきた一種の技術史として読める部分が、他の著書と大きな違いである。

[主な目次]
1 低層ラーメン構造−広島平和記念公園 2 高層ラーメン構造−旧東京都庁舎 3 高層ラーメン構造−香川県庁舎 4 シェルを用いた大空間への挑戦−広島子供の家と愛媛県民館 5 折版構造−今治市庁舎と今治市公会堂 6 プレキャスト・コンクリート−倉敷市庁舎と電通大阪支社 7 HPシェルによる大聖堂の建設と改修−東京カテドラル聖マリア大聖堂 8 サスペンション構造−国立屋内総合競技場 9 ジョイントコア−山梨文化会館 10 スペースフレーム−日本万国博覧会お祭り広場 11 超高層−赤坂プリンスホテル新館

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。