彰国社

検索

今を映す「トイレ」

ユニバーサル・デザインを超えて、快適性の先に

彰国社 編

A4・152頁

定価(本体 3,300円+税)

ISBN:978-4-395-32104-9

2018年01月

障害者差別解消法施行、東京オリンピック・パラリンピックの開催、災害への備え等、都市規模でのトイレ整備が謳われている現在、建築設計者必携のトイレ設計資料集。トイレ設計の基本資料に加え、ユニバーサル・デザインの多様な展開、人々の交流や癒し、アミューズメント性まで企図した豊富な事例を紹介。2017年6月刊行のディテール別冊を書籍化。

[主な目次]
巻頭言:ユニバーサル・デザインの視点から見たトイレの変遷
執筆/川内美彦(東洋大学 ライフデザイン学部教授)
第1章:トイレ設計の基礎知識
トイレ空間、トイレの設計プロセス、トイレの標準寸法、オフィスプランとトイレの関係、トイレとバリアフリー法、オフィスの衛生器具数の算定手法、大規模オフィスの衛生器具数の傾向分析、商業施設の衛生器具の分析、トイレの設備計画、トイレの持続する快適性のつくり方、トイレの設計作法
第2章:今を映すトイレ
53事例+座談会3本

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。