彰国社

検索

建築のリテラシー

建築のリテラシー

建築設計をめぐる7つの講義

遠藤政樹・石原健也・今村創平・田島則行・多田脩二・藤木竜也 著

A5・228頁

定価(本体 2,300円+税)

ISBN:978-4-395-32112-4

2018年07月

本書では「建築を構想・計画し、表現する力」という意味を込めて、「建築のリテラシー」と名づけている。建築学の知識を組み替え、それを計画・設計する際の実践知へと変えることが、本書のねらいである。本書は、建築を学ぶ初学者にとっての「建築入門」、建築への希望が落胆へと変わりつつある建築学科学生の「建築再入門」としても最適である。

[主な目次]
第1章 日本建築史が育む「建築知」 
第3章 西洋建築史から学ぶ「普遍の美と知」
第3章 「ユーザー・オリエンテッド」な空間の尺度
第4章 「作法」から発見へ
第5章 「構造」からデザインへ
第6章 近代以降の「建築と都市」
第7章 「総合」としての建築デザイン

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。