これから出る本

6月発売予定

2017年度版(平成29年度版) コンクリート技士試験 最短完全攻略

コンクリート技士問題研究会 編著
A5・552頁
ISBN978-4-395-35045-2 C3052

コンクリート技士試験の受験書。基本編は重要項目、典型項目、類型問題で構成。重要項目は、各分野のポイントをまとめた。典型問題は過去15年分の問題から出題頻度の高いものを抽出し、実力をチェックしやすいよう解答欄欄外に類型問題を置いた。実戦編Ⅰでは最新3カ年の問題を詳細に解説し、さらに実戦編Ⅱでは年度別全問題と解答を載せている。

1級建築施工管理技士[実地試験]実践問題と記述例集 第七版

[実地試験]対策研究会 編著
B5・232頁
ISBN978-4-395-35047-6 C3052

1級建築施工管理技士試験[実地試験]の受験参考書。出題分野別に構成した実践問題に取り組みながら、解答・解説や記述上のポイントで要領よく学習できるようにまとめたもの。今回、第七版として近年の出題傾向や公共建築工事標準仕様書、公共建築改修工事標準仕様書、JASS等の改訂による全体の見直しを行った。

都市計画とまちづくりがわかる本 第二版

伊藤雅春・小林郁雄・澤田雅浩・野澤千絵・真野洋介・山本俊哉 編著
A5・250頁
ISBN978-4-395-32093-6 C3052

本書は、1980年代以降、国が中心となる「都市計画」から地域・住民主動の「まちづくり」への大転換がはじまったという認識のなか、都市計画からまちづくりへの流れが事典のかたちにまとめられている。今回第二版として、空き家問題、公共施設の再編、防災・復興のまちづくりなど、2011年3.11以降に重要度を増したテーマをカバーした。

平成29度 2級建築士設計製図試験 直前対策と課題演習

設計製図試験研究会 著
A4・54頁+折込5枚
ISBN978-4-395-35046-9 C3052

設計製図の限られた時間の中で、合格に向けてもっとも効率よい準備ができるように構成されたのが本書である。本試験が要求する課題内容を明らかにし、出題者の視点から問題文を読み解き、その図面化のプロセスを図解している。また、巻末に、本年の課題に対応した本試験と同じ体裁(A2判)で4つの予想問題とその解答例を付けた。

学校では教えてくれない 施工現場語読本

秋山文生 著(イラスト/末松茂正)
四六変・192頁
ISBN978-4-395-32094-3 C3052

現場用語は、意味がわからなくても何を示しているかわかりさえすれば問題なく仕事が進んでいく。そういう現場で話題にできるような話のネタ集としてだけでなく、工事現場の歴史が垣間見え、今の時代の新現場マンが少しでも現場に興味をもてるような現場本となっている。90語を「道具」「仮設」「職人」など10の項目に分類してまとめている。

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。