彰国社

検索

眼を養い手を練れ2

集まって住もう

居住空間デザイン講師室 編著

B5・150頁

定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-00891-9

2010年11月

既存の集合住宅のイメージやビルディングタイプにとらわれず、古今東西の都市、集落、建築を事例に、集まって住むことの可能性を探る。事例は、スケールをそろえた手描きの図面で紹介。

[主な目次]
第一章 集まって住む「かたち」 並ぶ・囲む・密集する・分散する・独立する、ほか  第二章 集まって住む「関係」 領域をダイアグラムで考える・人間モデルで考える、ほか 第三章 集まって住む「しくみ」 単身居住・シェア居住・パブリックハウジング、ほか 第四章 集まって住む「場所」 外部の敵・血縁・農のしくみ・ランドスケープほか

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。