彰国社

検索

ディテール 2003年1月号

ディテール 2003年1月号

155号(2003年冬季号) 特集 過去を活かす保存再生

A4変・120頁

定価(本体 2,143円+税)

2003年01月

■特集 
過去を活かす保存再生-第三の道を探る
(編集委員:大和智・田中禎彦・西和彦・齊藤哲也・山﨑鯛介)
Ⅰ技術(事例4作品)/Ⅱ手法(事例2作品)/Ⅲ構想(事例3作品)/Ⅳ伝統(事例3作品)
■新企画
住宅のディテールファイル 光の取入れ方
(編集委員:大藪元宏・郡裕美・長尾亜子・長谷川順持)
■小特集 
技術を封じ込めた寡黙のディテール
ポーラ美術館展示室-美術品の展示と保存の両立を図る
■新連載 
ハウスメーカーのディテールテクニック 1 架構 白﨑泰弘・白﨑治代
■連載
・ディテール:発想のプロセス デジタル+アナログ設計ツールの活用法 4 ガラス梁のスクリーン   武田有左 三菱地所設計
・実例に学ぶ民家 保存/再生のディテール 5 旧秋元家住宅新屋敷 江戸郊外の風雅な座敷    中山章・大和智・渡邊隆
・設備・What’s New? ストック時代のマンション新築と再生の部品 8 マンション再生のための新展開  安孫子義彦・松野徹朗・柳下昌孝・臼井政夫&JES corporation
■今日のディテール
・ステンレスすだれをたくし上げて入る非常用進入口―ルイ・ヴィトン表参道ビル:青木淳建築計画事務所
・ガラスダクト in ダブルスキン―国立国会図書館関西館:陶器二三雄建築研究所
・光を積み上げた壁―ポーラ美術館:日建設計
・透明度の高いガラススクリーンとエレベーターシャフト―明治生命さいたま新都心ビル ランド・アクシス・タワー:日建設計
・遮光しながらも自然光を引き入れるルーバー―京都市環境保全活動センター 京エコロジーセンター:京都市都市計画局営繕部営繕課・施設課、日建設計
・ライトシェルフを用いたオフィスビルの省エネ対策―大正製薬本社2号館:KAJIMA DESIGN
・完成度の高いシングルスキン―髙栄麻布ビル:竹中工務店
・パッシブソーラー環境のエコアトリウム―慶應義塾大学 日吉 来往舎(新研究室棟):清水建設設計本部
・バネ内蔵スラットによる膜突き上げシステムのドーム―きらら元気ドーム:日本設計,技術指導/斎藤公男
・鉄板によるオブジェのような外装仕上げ―レイケイ南青山ビル:竹中工務店
■冬のコラム
・納まり―「基本のき」 波板葺きのホルト 真鍋恒博
・環境・設備―感覚を数値でとらえる 結露防止にも効果的な断熱フィルム 知久昭夫
・法規―性能を規定する 高層建築物と超高層建築物 吉村直樹

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。