ディテール 2004年1月号

ディテール 2004年1月号

159号(2004年冬季号) 特集 図面で読み解く「居心地のよい木造住宅」

A4変・128頁

定価(本体 2,143円+税)

2004年01月

■特集 
図面で読み解く「居心地のよい木造住宅」
(編集委員:永田昌民・横内敏人・堀部安嗣)
事例 目のゆきとどく広さのディテール/室内と庭のつながりを考えるディテール/風景とのつながりを考えるディテール
■住宅のディテールファイル 自然との呼応
(編集委員:大藪元宏・郡裕美・長尾亜子・長谷川順持)
■小特集 
カウンターとキャビネットできめるオープンキッチン     
■連載 
・「問い」としてのディテール-20世紀の可能性と現実 03  発明家気質と汎用技術     内田祥士
・実例に学ぶ民家 保存/再生のディテール  9 前川家住宅(旧泉山家東京別邸)大正の成熟した和風邸宅   中山章・大和智・渡邊隆
・ハウスメーカーのディテールテクニック 5 開発  白﨑泰弘・白﨑治代
・PC造入門 4 施工法によって決まるディテール 2 施工計画とさまざまな技術  清家剛・徐光・呉東航・腰原幹雄
■今日のディテール 
・街に優しい木製ルーバーのファサード―ONE表参道:隈研吾建築都市設計事務所
・立はぜルーバーファサード―梅窓院:隈研吾建築都市設計事務所,長谷工コーポレーション
・非循環方式の水平水盤―梅窓院:隈研吾建築都市設計事務所,長谷工コーポレーション
・木製立体格子の和風シャンデリア―:称名寺庫裡:安藤邦廣+設計工房禺
・160mの鉄骨鉄板構造を成立させている納まり―大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003越後松之山「森の学校」キョロロ:手塚貴晴+手塚由比,池田昌弘/手塚建築研究所+武蔵工業大学手塚研究室+MIAS
・ケーブルネットと水平楕円リングによるガラスコーン―ミュージアムコーン:入江三宅設計事務所,仁藤喜徳・藤川由美+DMP
・展示室と一体化したガラスケース―新潟県立万代島美術館:KAJIMA DESIGN
・ALC板によるシャープなファサード表現―日本経済新聞社千葉別館:大成建設設計本部
・呼吸する窓を持つ講義室―國學院大学渋谷キャンパス120周年記念1号館:日建設計
・意匠となった耐震補強―明治学院白金校地大学7号館(ヘボン館)耐震補強工事:竹中工務店
・コンクリート壁に打ち込まれた階段―金沢医科大学病院新棟:日本設計・中島建築事務所設計監理共同企業体

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。