彰国社

検索

建築史の回り舞台

建築史の回り舞台

時代とデザインを語る

西和夫 編

A5・400頁

定価(本体 4,800円+税)

品切れ

ISBN:4-395-00526-8

1999年01月

建築は誰にとっても縁の深い、魅力たっぷりのものである。そして、建築の歴史となると、これはもう、内容は多種多様である。その建築をテーマにした豊かな世界が、いま、眼前の舞台に広がる。舞台は四部構成である。さまざまな専門、さまざまな視点、さてどんな話題が展開するか。

[主な目次]
幕があく前に/ところは日本、時代は中世/そこに時代が見える/ヨーロッパからアジアから/モダンデザインの展開/幕が閉じてから

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。