彰国社

検索

復刻

デザイン・サーヴェイ

『建築文化』誌再録

明治大学 神代研究室 法政大学 宮脇ゼミナール 編著

A4変・158頁

定価(本体 3,600円+税)

ISBN:978-4-395-00813-1

2012年05月

雑誌『建築文化』で、1968年から1973年まで7回にわたり掲載した2つの研究室のデザインサーヴェイを1冊にして復刻。
神代研究室は、生活の場と生業の場が不可分である漁村に限定し、すべてお祭りの時期に合わせて調査。宮脇ゼミナールは、宿場町、門前町、農村の形態的秩序の解読を試みている。約40年前の調査は、いまでは貴重な資料的価値をもっている。

[主な目次]

●明治大学神代研究室
「風と海 祭りと集落」女木島
「舟屋のある集落と祭り」伊根亀山
「海を渡る神 烏賊を干すたな」壱岐勝本
「石で斜面に築いた集落」高知沖の島

●法政大学宮脇ゼミナール
「街をつくる道」馬篭
「単純核の構成」五個荘
「坂のシークエンス」金比羅

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。