マトリクスで読む

20世紀の空間デザイン

矢代眞己・田所辰之助・濱嵜良実 著

A5・256頁

定価(本体 2,500円+税)

ISBN:4-395-00539-X

2003年10月

20世紀の空間デザインに関するキーワード108個を、キーワードが頻出した年代順に解説したもの。20世紀の空間デザイン用語事典としても、20世紀のデザイン史を概観する歴史の本としても使える。年表付き。

[主な目次]
プレ20世紀(アール・ヌーボー、歴史主義、鉄骨造、田園都市など)/1900年代(未来派、幾何学、皮膜、ソシアルハウジングなど)/1910年代(有機的建築、トータルデザイン、RCラーメンなど)/1920年代(バウハウス、ゾーニング、プレファブなど)/1930年代(ファシズム、ユニバーサルスペース、ガラスブロックなど)/1940年代(カリフォルニアスタイル、代用品、要塞、アテネ憲章など)/1950年代(ブルータリズム、モジュール、カーテンウォールなど)/1960年代(構造主義、アドホック、アルミニウムなど)/1970年代(マニエリスム、コンテクスト、スペースフレームなど)/1980年代(デコン、スクリーン、パンチングメタルなど)/1990年代(ミニマリズム、トランスルーセント、SSG構法など)

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。