彰国社

検索

新装版

建設業を興した人びと

いま創業の時代に学ぶ

菊岡倶也 著

B6・454頁

定価(本体 3,000円+税)

ISBN:978-4-395-02982-2

2012年06月

明治時代、建設業という産業を興した人びとはいったいどのような人たちだったのだろうか。先の見えない今だからこそ、時代の転換期を生き抜いた人物たちに創業の志を問いかけてみることも決して無意味ではない。

[主な目次]

初代・二代 清水喜助  近代建設業の幕を開けた人
高嶋嘉右衛門  易と建設業
鹿島岩吉・岩蔵父子  建築から土木へ、経営の大決断
大蔵喜八郎と藤田伝三郎  政商がつくった建設会社
明治最大の建設会社  日本土木会社をめぐる人びと
竹中藤右衛門  由緒ある棟梁の家に生まれて
大林芳五郎  呉服商から建設創業者へ
佐藤助九郎・飛嶋文吉・熊谷三太郎  土木王国の雄者たち
相携えて歩む  間猛馬と西松桂輔・光治郎父子
ほか

関連書籍

新装版

数学トレーニング

伊藤宏 著  B6・210頁  定価(本体 1,700円+税)

ISBN:978-4-395-02980-8

数学開眼! 時間があったら、脳トレ。 解いてみよう! 試してみよう! 自分の数学力。 まずは小学生の問題から。 どこまでいけるかな?
[主な目次]
1 上手な...続きを読む

新装版

谷間の花が見えなかった時

近代建築史の断絶を埋める松本與作の証言

伊藤ていじ 著  B6・348頁  定価(本体 2,500円+税)

ISBN:978-4-395-02981-5

松本與作は築地の工手学校を卒業し、辰野金吾設計の中央停車場(現在の東京駅舎)などにかかわっている。建築界の超エリート・辰野金吾に師事し、日本の近代建築の誕生に立ち会った松本與作の証言をもとに、近代建築...続きを読む

新装版

建築と伝統

川添登 著  B6・276頁  定価(本体 2,300円+税)

ISBN:978-4-395-02983-9

日本から世界に向けて発信した建築運動「メタボリズム」の提唱者のひとりである著者は、日本の伝統についても造詣が深く、グローバル化が進むいまこそ、この本を再読する価値があるのではなかろうか。 続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。