彰国社

検索

ストック時代の住まいとまちづくり

ストック時代の住まいとまちづくり

スクラップ・アンド・ビルドをのりこえて

梶浦恒男 編

四六・288頁

定価(本体 2,800円+税)

ISBN:4-395-00698-1

2004年03月

いま住まいをめぐる様々な状況が大きく変わりつつある。これまでの「新築」中心から、ストック(既存の住居)を重視する方向への転換である。本書はこれらをふまえて、これからのハウジングについて様々な視点から考え、提案している。
マンション管理、リノベーション、既存住宅の長寿命化や性能の確保、中古住宅の流通、住宅・住宅地の快適性の追求と管理、コミュニティづくり、まちづくり、専門家との協力のしかた、諸外国の例など、盛りだくさんの内容となっている。

[主な目次]
序章 ストックハウジングへの期待 Ⅰ. マンション管理とリノベーション Ⅱ. ストック住宅の活用と長期保全 Ⅲ. 住宅地のまちづくりとコミュニティづくり Ⅳ. ストック時代の専門家とNPO Ⅴ. ストックハウジングとアジアの都市住宅

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。