まちに大学が、まちを大学に

まちに大学が、まちを大学に

川向正人+小布施まちづくり研究所 編著

B5・160頁

定価(本体 1,667円+税)

ISBN:978-4-395-51109-9

2014年06月

まちづくりとは、まちを建設すること。だが、それは単なる建設ではなく、コミュニティが力を合わせて建設しつつ自分たちの環境を改善していくことを意味する。
本書は、長野県小布施町での「大学とまちとの協働によるまちづくり」の10年間の軌跡を辿り、大学生たちが加わることによって開かれた、その新たな地平を描き出す。地方の小さなまちにも可能な、大学を介して広い世界と直接交流するという、まちづくりの21世紀型モデルの提案でもある。
[目次]
■プロローグ
■Part1 小布施まちづくり研究所 研究報告
■Part2 小布施まちづくり大学ワークショップ
■講評
■エピローグ

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。