生活の視点でとく 都市計画

加藤仁美・薬袋奈美子・室田昌子 著

A4・135頁

定価(本体 2,600円+税)

ISBN:978-4-395-32060-8

2016年08月

暮らし・住宅の視点から身近な生活圏・まち・都市を考えるための本。生活目線に立ち、良好な居住環境をつくるためのガイドをめざす。近代以降の歴史的な経緯を踏まえ、価値観の領域まで含めた現代的な課題にアプローチ。見開き単位で各単元を構成し、テーマ解説と関連図版を大判でわかりやすくレイアウト。読むことと眺めることが両立したテキスト。
【主な目次】
プロローグ 伝統的な居住形態から豊かな生活環境を探る
第1章 生活空間の計画論  1-1 都市論の誕生と展開 1-2 生活空間計画の展開 1-3 生活圏域を取り巻く土地利用 1-4 土地利用コントロール
第2章 生活を支える基盤 2-1 都市の緑と公園 2-2 治水・利水と廃棄物・エネルギー 2-3 交通計画 2-4 開発と環境・市民 
第3章 生活空間の計画のための視点 3-1 快適な居住環境をつくる 3-2 地域の個性と景観 3-3 防災に備える 3−4 さまざまな主体から考える 
第4章 生活空間の再編 4-1 農村 4-2 中心市街地 4-3 密集市街地 4-4 郊外住宅 4-6 都心居住
第5章 生活空間のマネジメント 5-1 住民とまちづくり 5-2 コミュニティを支えるマネジメント

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。