ディテール 2017年1月号

211号(2017年冬季号)

定価(本体 2,143円+税)

2016年12月


■ 特集
「住宅部位」24の解法 泉幸甫/手嶋保/安藤和浩+田野恵利/甲村健一

注目の建築家が手掛けた珠玉の住宅4作品をめぐる「軒・庇と屋根」「玄関とアプローチ」「開口部と外壁」「建具と天井」「浴室と洗面」「キッチン」。設計者ならば納まりが気になるこれら6つの住宅部位を徹底解剖。気候風土や機能性への配慮といった住宅の道理をおさえたうえで、意匠的な精度を高めた24のディテールをあますところなく紹介する。


[作品]
「工/手の家」泉幸甫/泉幸甫建築研究所
「つくばの家」手嶋保/手嶋保建築事務所
「櫛引の家Ⅱ」安藤和浩+田野恵利/アンドウ・アトリエ
「百合丘の家」甲村健一/KEN一級建築士事務所


[部位]
1 軒・庇と屋根
「熱と空気を考慮した屋根と化粧垂木の庇」泉幸甫
「無理なく,まずは基本性能を確保する」手嶋保
「南庭に向かって張り出す1,650mmの軒下空間」安藤和浩+田野恵利
「大屋根の力強さと,軒先の繊細な美しさ」甲村健一

2 玄関とアプローチ
「素材と植栽が織りなすシークエンス」泉幸甫
「中心部から入る3種類のアプローチ」手嶋保
「街並みに開いた柔らかいアプローチ空間」安藤和浩+田野恵利
「異素材の『板』がつくり出す多彩なシーン」甲村健一

3 開口部と外壁
「建具で表情を変える,大らかなリビング開口」泉幸甫
「保有林を引込む大開口の特等席」手嶋保
「空と南庭に開かれた吹抜けの上下窓」安藤和浩+田野恵利
「内と外をつなぐシンプルな開口まわり」甲村健一

4 建具と天井
「手仕事と現代の加工技術の融合」泉幸甫
「光と緑の気配を伝える透明度の高い建具」手嶋保
「『仕切る』+『つなぐ』建具」安藤和浩+田野恵利
「意匠と機能を統合した天井スリット」甲村健一

5 浴室と洗面
「檜に包まれた浴室と洗面」泉幸甫
「衛生的で安全が基本の浴室納まり」手嶋保
「テラスをつなぐ風道をつくる浴室と洗面」安藤和浩+田野恵利
「和室,テラスと一体となった浴室空間」甲村健一

6 キッチン
「包容力のあるタフなキッチン」泉幸甫
「空間の質と人が同化するキッチンを目指して」手嶋保
「家具の連なりで台所を組み立てる」安藤和浩+田野恵利
「リビング家具と調和した魅せるキッチンカウンター」甲村健一


■ 今日のディテール
「木材を縫い合わせた懸垂架構による屋根の空間」知立の寺子屋/原田真宏+原田麻魚/MOUNT FUJI ARCHITECTS STUDIO
「市松のカーテンウォール」ベルヴュオフィス名古屋/竹中工務店
「フラットビームと壁柱の架構がつくる新たな抽象化」銚子商工信用組合本店/竹中工務店
「外装と一体化した光の大階段」京都産業大学 サギタリウス館/日建設計/若江直生+吉野優輔+水上和哉
「未来型オフィスの格天井システム」NTTファシリティーズ新大橋ビル/河村大助+高田秀明+松浦裕己/NTTファシリティーズ
「世界初,ケーブルテンションのキュービックなガラスボックス」268 ORCHARD ROAD/Raymond Woo & Associates Architects(建築設計)/清水建設一級建築士事務所(ガラスボックス及びファサード基本・実施設計, 監理)
「自然換気を想定した超高層ダブルスキン」大手町フィナンシャルシティ グランキューブ/松田貢治+海野宏樹/三菱地所設計,三谷健太郎/NTT ファシリティーズ


■ 新連載
Re:今日のディテール 第1回 ポーラ五反田ビル クリスタルロビー
原設計:日建設計 林昌二+三浦明彦/改修設計:日建設計 高橋秀通+大庭拓也


■ 連載
わしらディテール探検隊 第4日目「合板・LVLの製造現場」ロビン西 編集:フリックスタジオ
階段空間の解体新書 第6回 微分する階段/積分する階段/田中智之

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。