世界の広場への旅

世界の広場への旅

もうひとつの広場論

芦川智 編/芦川智・金子友美・鶴田佳子・高木亜紀子 著

A5横・180頁

定価(本体 2,500円+税)

ISBN:978-4-395-32090-5

2017年06月

広場とはどういうものなのか。東欧の広場を皮切りにヨーロッパ各地、東アジアにおよぶ実測調査を通して、都市の広場の歴史的成立ちをその時代、国家から読み解く新しい広場論である。都市・広場の調査図面、スケッチ・写真を使うことにより、あたかもその広場にいるかのような空間体験ができる。

[主な目次]
1.広場ヘの導入 2.建物ための広場と人のための広場 3.マルクトと称する広場形態 4.スペオン特有のマヨール広場 5.イスラーム都市旧市街地の広場概念 6.スイスのツェーリンゲン家の都市づくり 7.イギリスの広場概念  8.スロバキアの街路型広場  9.各地の街路型広場 10.わが国の広場概念 11.バリ島の広場概念 12.特殊地形:坂・段差・階段 13.ネパール、チベット(西藏)の広場概念  14.祭りの広場  15.開かれた広場・閉じられた広場 16.水面と広場  17.転用された広場  18.連携された広場  19.もうひとつの広場論

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。