建築設計テキスト 高齢者施設

建築設計テキスト 高齢者施設

建築設計テキスト編集委員会 編/山田あすか・古賀誉章 著

A4・88頁

定価(本体 2,200円+税)

ISBN:978-4-395-32066-0

2017年10月

このシリーズは、学生のためにまとめられた新しい建築計画・設計の教科書である。高齢者施設は国の制度、利用者のニーズや家族のサポート、気候風土などの地域性、既存建物の転用などによりさまざまな形態の施設ができている。設計事例として、複合的施設、有料ホーム、通所型、サービス付き、認知症対応、小規模多機能施設等を取り上げている。

[主な目次]

1.概要
 1.1 高齢者の生活と支える仕組み
 1.2 高齢者施設の役割
 1.3 入居型高齢者施設の概要
 1.4 通所型高齢者施設の概要
 1.5 事例の位置づけ
2.設計・計画
 2.1 高齢者のための環境デザインの原則
 2.2 敷地・規模計画
 2.3 構造計画
 2.4 環境・設備計画
2.5 施設全体の空間構成
2.6 各室の計画
3.設計事例(9事例:高齢者味宅サービスセンター 永福ふれあいの家、レスパイトハウスやさしいところ、第二宅老所よりあい、小規模多機能ホームさかえまち、認知症高齢者グループホームいなの家、グループホームせせらぎ、上石神井特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅わかたけの杜、コレクティブハウスアクラスタウン)
4.設計図面(1事例:特別養護老人ホームせんねん村矢曽根)

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。