ディテール 2018年4月号

216号(2018年春季号)

定価(本体 2,143円+税)

2018年03月


■特集
現代建具 自由自在

建具は動くことで空間の拡張・縮小の自由度を最大限に引き出す。本特集では、可動するからこそ生まれる、新たな建具の可能性を探る。


[前説]
外と半外,外と外の建具/中辻正明
内と内の建具/青木律典


[作品]
上智大学四谷キャンパス 北門/日建設計 / 岩崎克也+勝矢武之+山田盛治
新発田市新庁舎/aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所
正願寺/堀越英嗣 ARCHITECT 5
HUNCH/本橋良介 内部美玲
アシリ・和來/NTTファシリティーズ
ヤマノイエ/津野建築設計室
戸塚の住居/青木律典 | デザインライフ設計室
事務所ビルの住居/徳田慎一建築設計事務所+neu 佐藤剛
清澄白河の建築/宮内義孝
浜松信用金庫 三方原支店/日建設計
ジ・インプレスト 高輪/竹中工務店
北海道科学大学中央棟(E棟)/大成建設一級建築士事務所
京都国立博物館 平成知新館/谷口建築設計研究所


■今日のディテール
「ゆたかな光環境をつくる—ディテールなしの隠れた仕組み」NICCA イノベーションセンター/小堀哲夫建築設計事務所
「羽二重織の二重ルーバー」NICCA イノベーションセンター/小堀哲夫建築設計事務所
「膜材による外装日除けルーバー」ペプチドリーム新社屋/竹中工務店
「縦強調のスチールマリオン」西日本FH 北九州ビル/日建設計 / LEE Youngseok・日建スペースデザイン / 西田徹太郎
「ささらを内側に納めた浮遊感あふれるスチール階段」日亜化学工業諏訪技術センター/竹中工務店
「ユニタイズドカーテンウォールによる水平ラインの強調」パシフィック センチュリー プレイス ジャカルタ/竹中工務店(デザインアーキテクト)
「瓦と鋼板を用いたハイブリッド本瓦葺き」多治見市火葬場 華立やすらぎの杜/久米設計, 日比野建築デザイン


■新連載
屋根から読み解く住宅の空間
第1回 包み込んだ「屋根の中」で/大塚 篤


■連載
明日の建築をつくるもの 建築の素材と技術のオルタナティブ
第4回透明素材の赤外線と紫外線をコントロールする/中﨑隆司
Re:今日のディテール 第6回 熊本県立劇場 1982→2018
原設計:前川國男建築設計事務所 改修設計:前川建築設計事務所
わしらディテール探検隊 第6日目 木造屋根の施工現場/ロビン西 編集:フリックスタジオ

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。