彰国社

検索

ディテール 2018年7月号

217号(2018年夏季号)

定価(本体 2,143円+税)

2018年06月

■特集
戦後名住宅の新しい見方

この特集は、名作とされる戦後の住宅作品を、それをつくりあげた仕組みまで踏まえて再読し、戦後日本住宅史の「新しい見方」を提示しようとするものである。

[前説]
座談 「生産」の変革期にこそ建築家による住宅の真価が問われる/青柳憲昌×門脇耕三×倉方俊輔
社会を映した戦後住宅関連 年表

[作品]
プレモス 1946/前川國男
SH-1 1953/広瀬鎌二
カニングハム邸 1953/アントニン・レーモンド
私の家 1954/清家清
スカイハウス 1958/菊竹清訓+菊竹紀枝
軽井沢の山荘 1963/吉村順三
白の家 1966/篠原一男
KAH 石亀邸 1967/鈴木恂
水無瀬の町家 1970/坂本一成
笠間の家 1981/伊東豊雄
松山・桑原の住宅 1980/長谷川逸子

■特別記事
写真家 大橋富夫さんの死去を悼む
又姪を介した写真家の自画像/田尻裕彦

■今日のディテール
「モザイクのように抽象化された新たな古都の屋根」京都府立京都学・歴彩館/飯田善彦建築工房
「ガラスカーテンウォールの内外に連続する木格子仕上げの逆円錐」静岡県富士山世界遺産センター/坂茂建築設計
「張弦梁に三角形集成材を組み込んだハイブリッドルーフ」阿南市新庁舎/日建設計
「ステンレス形鋼圧延材を使った階段」愛知製鋼 本館/竹中工務店
「ウォータージェット仕上げのPCa外壁」和歌山地方合同庁舎/日建設計 / 渡辺豪秀+金子公亮
「波打つ天井とアクリル発光体が織りなすグランブルーの世界」しまね海洋館アクアス/日建設計 / 金子公亮+山地浩充

■連載
屋根から読み解く住宅の空間
第2回 屋根の下に「外」を引き寄せて/大塚 篤

    ■デジタル版を購入
  • Fujisan
  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。