彰国社

検索

建築物の新給水給湯負荷算定法と実務設計

建築物の新給水給湯負荷算定法と実務設計

村川三郎 編/村川三郎・池田大輔・坂本和彦・高田宏 著/秋田成郎 プログラム監修

A4・296頁

定価(本体 6,000円+税)

ISBN:978-4-395-32149-0

2020年03月

本書は、長年に渡って建築物における水・湯の使われ方について詳細な調査を行い、膨大な基礎データを基に開発した給水給湯負荷算定プログラムを使用し、設計に活かせるよう解説したものである。建物の運用に応じた給水量の推定や、使用器具の特性に応じた給水量を算定することなどが可能になる。

[主な目次]
基礎篇 水の使用と給水給湯負荷算定の基礎知識
実践篇 各建物用途の算定モデルと算定例
応用篇 算定モデル設定の応用と給水給湯システムの設計
操作篇
資料

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。