彰国社

検索

リノベーションからみる西洋建築史

歴史の継承と創造性

伊藤 喜彦・頴原 澄子・岡北 一孝・加藤 耕一・黒田 泰介・中島 智章・松本 裕・横手 義洋 著

B5・152頁

定価(本体 2,400円+税)

ISBN:978-4-395-32147-6

2020年04月

西洋建築史を様式変遷史ではなくリノベーションの重層としてとらえ、リノベーションの創造性という視点から西洋建築史を再考する。ローマ神殿の円柱の入手に奔走した司祭、小城館に王統の継続性を託した王……。時間が積み重なった建築に人が介入するとき、そこには意味と意志がある。現代のリノベーションのコンセプトワークにも参考となる1冊。
 
[主な目次]
第1章:都市組織の中に生き続ける古代建築
第2章:再利用による創造、改変がもたらした保全
第3章:古代末期から中世へ
第4章:歴史的建築の再利用と建築家の創造性
第5章:近世ヨーロッパ宮殿建築のスクラップ・アンド・ビルドと建築再生
第6章:線的な開発と面的な継承の都市再生
第7章:「過修復」から「保全」・「保護」へ
第8章:建築が紡ぐ人々の意志

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。