彰国社

検索

住宅設計の考え方

泉幸甫 著

A4変・588頁

定価(本体 10,000円+税)

ISBN:978-4-395-32153-7

2021年02月

住宅をつくり続けて40余年。試行錯誤を繰り返してきた設計の手法は磨かれ、やがて思想になった。本書では、著者の250作品にも上る実作に裏づけられた住宅設計の考え方とそのディテールを余すことなく開陳。住宅設計の基本を説く読み物でありながら、かつ実用的なディテールまでを網羅した、これからの住宅設計の「定本」。
 
[主な目次]
1章 架構・屋根——木造の架構/架構を見せる/屋根の形  
2章 庇・樋・通気——庇・樋/通気  
3章 水を制する——敷地と水勾配/地下防水  
4章 物を追求する——素材との付き合い方/板金/左官/石/木材・和紙ほか  
5章 階段——階段/梯子・手摺  
6章 玄関・水回り——玄関/浴室・洗面・トイレ  
7章 中間領域——バルコニー・手摺/濡れ縁・テラス  
8章 建具——建築家と建具/障子/格子/その他の建具  
9章 家具・照明——家具/照明  
10章 外構——外構の考え方/門/アプローチ/バーゴラ/池・ビオトープ/植栽

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。