彰国社

検索

ディテール 2021年7月号

229号(2021年夏季号)

定価2,357円(本体2,143円+税)

2021年06月

■特集
木を活かす防耐火のデザイン
いま、技術的にも法規制上も熟しつつある木造を防耐火の点から見据え、用途、地域による規制、高層、大規模などの与条件を満たしつつ、細部まで豊かな表情をもつ木造建築を特集する。
[作品]
「タクマビル新館(研修センター)」 竹中工務店
「流山市立おおぐろの森小学校」 日本設計
「屋久島町庁舎」 アルセッド建築研究所
「宝珠院」 小川真樹建築綜合計画
「Park Community KIBACO」 鍋野友哉アトリエ
「のぼりとのあぱーと」 河野泰治アトリエ+元岡展久(お茶の水女子大学)
「代々木の家」 YYarchitects/吉川真理子+庵原義隆
「木育の家」 鍋野友哉アトリエ

■今日のディテール
「ガラスのスカーフを纏った複合ビル」ヤマト港南ビル  日建設計/河野信+渡辺由紀+金子裕介+山中浩太郎
「透明度をさらに高めたMPGアウタースキンのダブルスキンCW」BOATRACE六本木
 石本・清水設計共同企業体/藤本良寛+苗村武志
「今日的な手法の紡ぎ織るスクリーン」トヨタ紡織グローバル本社  竹中工務店

■追悼記事
内田祥哉先生の逝去を悼む

■小特集
「開放系」の境 ミュージアムタワー京橋/アーティゾン美術館のディテール
 日建設計/中本太郎+矢野雅規+小林哲也+李宇宙

■連載
・ポルトガル建測考/田中伸明―実測ノートから考察する表現としてのディテール
 #4 古今の妙 ストゥーバル教育大学/アルヴァロ・シザ・ヴィエイラ

・ディテールにみる戦後建築の伝統表現/青柳憲昌
 第9回 日本の建具の可能性—「建具」をめぐる近代の伝統解釈とその瓦解

    ■デジタル版を購入
  • Fujisan
  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。