彰国社

検索

教養としての都市論

感性を刺激する33冊

三浦展 著

四六・256頁

定価2,090円(本体1,900円+税)

ISBN:978-4-395-32170-4

2021年08月

街を歩き、楽しみ、「これから」を鋭く問い続ける三浦展(社会デザイン研究者)が、生きた街の魅力を感じさせる33冊をノンジャンルで紹介。これらの都市論から何を感じ、どんな眼差しを都市に向けてきたのか、その軌跡をたどりながら、あなたも生きた街を味わってみませんか? 33冊に似合うオススメBGM付き。新感覚の都市論入門!
 
[主な目次] 
アッジェのパリ/最暗黒の東京/ユルバニスム/モデルノロヂオ 考現学/濹東綺譚/都市計画家 石川栄耀/評伝 石川栄耀/木村伊兵衛のパリ/2001年の日本/絵でみる20年後の日本/人があつまる/マチノロジー/パタン・ランゲージ/あのころangle 街と地図の大特集1979/イラスト・ルポ 若者の街/見えがくれする都市/東京の原風景/東京漂流/繁華街を歩く 東京編/ヴェネツィア/都市という劇場/看板建築/昭和二十年東京地図/集合住宅団地の変遷/九龍城砦/TOKYO STYLE/養老天命反転地/集落の教え100/東京シェア生活/台湾人の歌舞伎町/路地研究/首都圏住みたくない街/Sensuous city[官能都市]

*『教養としての都市論-感性を刺激する33冊』刊行記念トークショー*
登壇者:三浦展(社会デザイン研究者)×笠置秀紀(建築家)
開催日:2021年8月6日(金)
パルコが運営するコワーキングスペース「SkiiMa KICHIJOJI」にて開催された模様をYouTubeのサイトにて公開中です。
ぜひご覧ください。

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。