彰国社

検索

建築家の基点

建築家の基点

「1本の線」から「映画」まで、13人に聞く建築のはじまり

坂牛卓 編著

四六・304頁

定価2,750円(本体2,500円+税)

ISBN:978-4-395-32178-0

2022年05月

建築家の作品は、創造の「基点」が人生の初期に現れ、現在まで継続的に展開している。
本書は、建築家・坂牛卓氏による、建築家13人のインタビュー集。
巨匠から躍進する建築家まで、作品のテーマ、アプローチを聞き出す。
「物」「間」「関係」「世界」という視点から読み解かれ、全体を通してみると、日本の現代建築への理解が深まるだろう。

[主な目次]
1章 物|安田幸一(研ぎ澄まされた線)/長谷川豪(身体の外側に出る)/宇野友明(自分でつくる物)/門脇耕三(自律するエレメント)
2章 間|伊東豊雄(体内感覚)/長谷川逸子(ガランドウ)
3章 関係性|坂本一成(矛盾)/青木淳(非目的性)
4章 世界|山本理顕(社会性)/古澤大輔(転用)/田根剛(未来の記憶)/豊田啓介(複雑性)/中山英之(映画性)

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。