彰国社

検索

宮脇檀 旅の手帖

宮脇彩 編

A5変上製・200頁

定価(本体 2,800円+税)

ISBN:978-4-395-00906-0

2008年02月

建築家・宮脇檀が遺した旅の手帖3冊には、1993年から1998年5月までに訪れた地域の風景や建築などが記録されている。宿泊したホテルで実測するのが常であった氏は、窓やベッドの寸法、そして照明や浴室の設備にいたるまで詳細に描いており、氏はその習慣について、「実測はずいぶんいろんなことを教えてくれた」と語っている。本書では、この3つの手帖に記されたさまざまなスケッチや実測平面図の大半を収録するほか、それらと関連のある文章なども盛り込む。氏にとっての「旅」と建築デザインのつながりが想起できる。

[主な目次]
はじめに 父の旅 宮脇彩/No.1(1993.06.25-1994.05.13)/No.2(1994.05.16-1995.08.19)/No.3(1995.09.19-1998.05.16) コラム 建築物のなごりの石や土たち 宮脇檀/宮脇檀の実測したホテル(本書掲載分)

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。