彰国社

検索

隈研吾/極小・小・中・大のディテール

隈研吾/極小・小・中・大のディテール

隈研吾建築都市設計事務所 編著

A4変・96頁

定価(本体 2,900円+税)

ISBN:978-4-395-02501-5

2012年06月

現代の巨大建築は、スケール感を失い、場所や身体とのつながりを欠いて、アイコン化している。これに対し、隈研吾は「極小の建築」「小の建築」で発見したさまざまな素材の基本単位寸法を応用し、「大の建築」でも身体スケールを保ち、場所とつながろうとする。本書ではこのような隈研吾の建築の特長を最近作を通して紹介する。

[主な目次]

極小・小・中・大のディテール 隈研吾
対談 日本流空間構成の伝統と未来 内田祥哉×隈研吾

●極小の建築
K×K/宝積寺駅前グリーンシェルター/カードキャッスル/ポリゴニウム/セラミック・クラウド

●小の建築
Paper Snake/織部の茶室/Tee Haus/ルシアン・ペラフィネ心斎橋

●中の建築
福崎空中広場/Lotus House/ちょっ蔵広場/まちの駅「ゆすはら」/プロソミュージアム・リサーチセンター

●大の建築
LVMH大阪/呉市音戸市民センター/根津美術館/梼原・木橋ミュージアム

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。