彰国社

検索

建築家と小説家

近代文学の住まい

若山滋 著

B6・262頁

定価(本体 1,800円+税)

ISBN:978-4-395-01263-3

2013年02月

近代日本の文化空間の構築は、一方で旧来型空間の破壊であった。それは、日本人の心の中に深く影を落とすが、この葛藤を描いたのが文学であった。本書は、明治から現代にいたる多くの文学作品と建築作品を引用しながらまとめた、「建築からの文学史」であると同時に「文学からの建築史」。近代における日本人特有の物語を浮き彫りにする。

〔主な目次〕
プロローグ・建築からの文学史、文学からの建築史/(辰野金吾と夏目漱石の時代)1章 開化の時勢、2章 煉瓦と下宿/(後藤慶二と谷崎潤一郎の時代)3章 モダンと田園、4章 個室と密室/(坂倉準三と川端康成の時代)5章 起ち上がる美と滅びゆく美、6章 戦火の下で/(丹下健三と安部公房の時代)7章 日章の名残、8章 成長という破壊/エピローグ・『サラダ記念日』近代日本という神話

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。