時間を織り込む住宅設計術

ディテール11月号別冊

時間を織り込む住宅設計術

彰国社 編

B5変・112頁

定価(本体 2,000円+税)

2015年11月

完成時点に照準を合わせるのではなく、住みながら手をかけ、時間の経過とともに改変していけるような住宅のつくり方を導くもの。新築時でなければ獲得できない住宅性能、可能性が広がる間取りや設備幹線の設定等と後年の更新や増補で対応できることを仕分けて、限られた予算とスペースの中で優先順位を判断し、手を入れながら最期まで快適に過ごせる住まいづくりの考え方を事例とともに紹介する。建て主に時間を織り込んだ的確なアドバイスや判断をするための、若手住宅設計者に向けたハンドブック。これからの住宅設計の考え方を手引きする。
[目次]
第1章 住まいに時間を織り込む術
01 生活をしていく上での健康リスクと家づくり(インタビュー:瀬上清貴)
02 熱環境のつくり方と生かし方(インタビュー:廣谷純子)
03 中古住宅再生から見た住宅の時間(インタビュー:宮部浩幸)

第2章 時間を織り込む住宅の初期設定
(責任編集:村田涼+東京工業大学村田涼研究室)
◇モデルプラン 新築時
◇モデルプラン 15年後の改修
◇モデルプラン 35年後の改修

第3章 時間を織り込んだ住宅事例
◇F邸(設計:古森弘一) ◇ライフステージを織り込んだ家(設計:田中直人+NATS環境デザインネットワーク) ◇青葉台の家(設計:山本圭介、堀啓二) ◇池袋本町の家(設計:岩川卓也) ◇U House(設計:石田建太朗) ◇北嶺町の家(設計:室伏次郎) ◇つくばの家Ⅰ(設計:小玉祐一郎) ◇井の頭の家(新築設計:吉村順三、増築設計:日高章) ◇O-RESIDENCE(設計:小川晋一都市建築設計事務所) ◇上石神井の家(改修設計:宮部浩幸+長曽我部幸子) ◇宮永の家(改修設計:谷重義行) ◇目黒のテラスハウス(改修設計:宮部浩幸) ◇目白台の部屋(断熱内戸設計:須永修通+LIXIL+旭化成建材、ファブリックデザイン:蒲原みどり) ◇緑と風と光の家(設計:矢板久明+矢板直子)

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。