中大規模木造建築物の構造設計の手引き

稲山正弘 著

A4・152頁

定価(本体 4,400円+税)

ISBN:978-4-395-32065-3

2017年01月

構造や防耐火の法的条件をクリアしながら、安全で美しくかつ経済的な建物の構造設計をするために必要な情報を提供するのが本書である。架構をどのような構造モデルに置換すれば計算にのるのか、構造計算書を作成する上で検証しなければいけない詳細計算の進め方などを架構形式ごとに詳しく解説した本書に類書はなく、構造設計者必携の1冊である。
[主な目次]
■序 木の構造デザイン手法の分類と特徴
■第1章 中大規模木造にかかわる防耐火規準と構造規準・・・関連法規概説
■第2章 安全で美しく経済的な木質構造設計のための必要情報
□2.1 木質構造設計時に参照すべき本 □2.2 構造設計実務に必要な製材・木質材料の基礎知識□2.3 接合具の基礎知識と構造計算 □2.4 梁・柱・組立梁の構造設計法 □2.5 耐力壁の構造設計法 □2.6 水平構面の構造設計法 □2.7 木造ラーメンの構造設計法 □2.8 大スパン支持架構の構造設計法

  • 編集部より新刊、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。