彰国社

検索

計画・設計

医院建築NO.24

医院建築NO.24

診察室から住まいまで 第24号

医院建築編集委員会 編/東伸企画社 発行/彰国社 発売  A4・148頁  定価(本体 3,048円+税) ISBN:4-395-51084-1

本誌は、診療室から住まいまで、医院建築に関する最新の資料と、秀れた建築設計例を収録する専門誌タイプのシリーズである。ベット数19床以下の医院は、地域医療の重要な社会施設でもあり、近年、医療機器の進歩、...続きを読む

雨仕舞のしくみ

雨仕舞のしくみ

基本と応用

石川廣三 著   四六・244頁   定価(本体 2,500円+税) ISBN:4-395-00757-0

便利な防水材のなかった昔から、工匠たちは雨水処理の工夫を屋根と壁に凝らしてきた。これが雨仕舞である。この知恵を、科学的根拠で裏づけながら紹介する。雨仕舞の原理を理解し、設計に役立てるための本。 [主...続きを読む

長谷川逸子/ガランドウと原っぱのディテール

長谷川逸子/ガランドウと原っぱのディテール

長谷川逸子・建築計画工房 編著  A4変・240頁   定価(本体 4,000円+税) ISBN:4-395-11114-9

長谷川逸子の最初の作品「焼津の住宅1」から最新のプロジェクトまでを年代順に、彼女の建築についての考え方とそのディテールを写真、図面、文章で紹介。内部空間はできるだけがらんどうにつくり、外部は原っぱをめ...続きを読む

デザイン脳を開く

デザイン脳を開く

建築の発想法

宮宇地一彦 著   四六・222頁   定価(本体 1,905円+税) ISBN:4-395-00699-X

創造性のある作品をつくるための発想のメカニズムには、3種類あると著者は言う。これらを理解すれば独自の発想法を身につけるのは難しくない。創造に至る思考のプロセスを建築を例に示した学生必読の1冊。多数の解...続きを読む

パースの基本と実践テクニック

よくわかる

パースの基本と実践テクニック

大脇賢次 著  A4・176頁  定価(本体 3,000円+税) ISBN:4-395-00708-2

初学者向けの透視図法の教科書。「第1章 透視図の基本」「第2章 まず足線法をマスターしよう」「第3章 D点とCVを使ってD点法に挑戦」「第4章 MLで測るM点法」の4章立て。足線法を理解できれば、パー...続きを読む

建築環境マネジメント

シリーズ地球環境建築・専門編3

建築環境マネジメント

日本建築学会 編  B5・352頁+CD-ROM  定価(本体 4,700円+税) ISBN:4-395-22144-0

「シリーズ地球環境建築 入門編 地球環境建築のすすめ」に続く専門編3巻のうち、その第一弾となる本書は、地球環境を考慮した建築環境マネジメントの考え方とその手法をまとめたもの。 [目次] 第Ⅰ部...続きを読む

小規模病院の設計

小規模病院の設計

新訂第二版 そのチェックポイントと実例

知久 董 著  B5・210頁  定価(本体 3,500円+税) ISBN:4-395-00647-7

[主な目次] 1.概説―中小規模病院の計画 2.平面計画 3.外来診療部門 4.臨床検査部門 5.手術部門 6.分娩部門 7.病棟部門 8.サービス部門 9.設備部門 10.計画参考例 本書の「小規...続きを読む

建築工事・設備工事特記仕様書

設計情報の正しい伝えかた② 日本建築家協会制定

建築工事・設備工事特記仕様書

第二版

日本建築家協会 編  A4・122頁  定価(本体 2,800円+税) ISBN:4-395-00716-3

JIAは建築技術の進展、社会環境の変化、顧客のニーズ、情報伝達の変化などに対応した、便利で良質な広く一般の工事に利用できる特記仕様書を制定した。本書は、その成果を単行本としてまとめたものである。 今回...続きを読む

環境行動のデータファイル

環境行動のデータファイル

空間デザインのための道具箱

高橋鷹志+チームEBS 編著  B5・170頁  定価(本体 2,800円+税) ISBN:4-395-00634-5

身の回りから拡大するさまざまな空間スケールに、時間と情報の次元を加味して環境と行動との相互作用から生まれる空間デザインに光を当てる。1m、10m、10平米、10立米から計測できない環境の次元までの章ご...続きを読む

隈研吾/マテリアル・ストラクチュアのディテール

隈研吾/マテリアル・ストラクチュアのディテール

隈研吾建築都市設計事務所 編著  A4変・138頁  定価(本体 3,400円+税) ISBN:4-395-11112-2

さまざまな素材を使いながらも、フィルターとポーラス(穴)という概念を追究している。伝統的な使い方とは異なる隈研吾の素材の扱い方と考え方をディテールと絡めて紹介した。 [主な目次] 石の美術館 馬頭町...続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。