彰国社

検索

計画・設計

インテリアの計画と設計

インテリアの計画と設計

第二版

小原二郎・加藤力・安藤正雄 編  A4変・190頁  定価(本体 3,200円+税) ISBN:4-395-00519-5

[主な目次] Ⅰインテリア計画の基礎 Ⅱ住空間の計画 Ⅲ 設計の技術 ロングセラー。20人の共著。特に1章に頁が割かれ、インテリア計画、人間工学、室内環境、設備、構法などが過不足なく述べられている。続きを読む

建築実施設計図書作成基準

設計情報の正しい伝えかた①

建築実施設計図書作成基準

日本建築家協会 編  A4・196頁  定価(本体 3,400円+税) ISBN:4-395-00517-9

本書は、建築生産のなかで重要な位置を占める設計を担当する実務者、およびこれから設計者になろうとする学生を対象に編集されたものである。 JIA(日本建築家協会)の業務委員会・製図基準ワーキンググループ...続きを読む

建築のアイデアをどうまとめていくか?

エスキスシリーズ③

建築のアイデアをどうまとめていくか?

もうひとつのテーマは「都市への戦略」

大野秀敏 編著  A4変・160頁  定価(本体 2,850円+税) ISBN:4-395-20053-2

設計の最初のアイデアを、どうやって発展させて建築のデザインにまでもってゆくのか。これまで誰も教えてくれなかったアイデア開発のプロセスが、茨城県営松代アパートの共同設計と、東京大学での課題設計の経験を通...続きを読む

日建設計のディテール

日建設計のディテール

伝承される理念と技術の展開

日建設計 編著  A4変・236頁  定価(本体 5,400円+税) ISBN:4-395-11097-5

2000年に創立100周年を迎えたわが国最大の設計組織、日建設計。その長い歴史に蓄積された理念と技術を継承して展開するディテール大集成。 [主な目次] 最近の作品とディテール/コンセプト・空間・ディ...続きを読む

病院の設計 第二版

新建築学大系 31

病院の設計 第二版

伊藤誠・小滝一正・河口豊・長沢泰 著  A5・360頁  定価(本体 6,200円+税) ISBN:4-395-15131-0

病院計画において必要な知識を集大成した書の第二版。医療の進歩、人々が医療や病院にもとめるものの変化にともなう施設設計の新しい資料への全面的な刷新を図るとともに、制度・法令・統計にかかわる項目の一部加筆...続きを読む

坂倉建築研究所のディテール

坂倉建築研究所のディテール

〔東京事務所〕 空間の境界とその表現

坂倉建築研究所東京事務所 編著  A4変・220頁   定価(本体 5,000円+税) ISBN:4-395-11096-7

アトリエ系の大型設計事務所として永年秀作を世に送りつづけていることで定評のある坂倉建築研究所による珠玉のディテール集。 本書では、空間相互の境界におけるデザインを軸に、そのこだわりの表現とディテールを...続きを読む

建築構成の手法

エスキスシリーズ②

建築構成の手法

比例・幾何学・対称・分節・深層と表層・層構成

小林克弘 編著  B5・140頁  定価(本体 2,500円+税) ISBN:4-395-20052-4

建築の構成に規則や秩序を与える基礎的な諸手法について、古代から現代に至る豊富な適用例を参照し学習するものであり、かつ図録的事典である。副題にある六つの構成概念を章立てに、それぞれの概説や著名な建築家・...続きを読む

パッシブ建築設計手法事典 

自然エネルギー利用のための

パッシブ建築設計手法事典 

新訂版

彰国社 編  A4変・114頁  定価(本体 2,800円+税) ISBN:4-395-11095-9

設備機器に頼らず、太陽光、太陽熱、風力、雨水など自然の恵みを建築の室内気候調節に取り入れるための設計手法。「屋根の形と熱のコントロール」など35項目の手法を紹介している。これからの設計に必須の基礎知識...続きを読む

医院建築NO.20

医院建築NO.20

診察室から住まいまで

医院建築編集委員会 編集/東伸企画社 発行/彰国社 発売  A4・136頁  定価(本体 2,952円+税) ISBN:978-4-395-51080-1

本誌は、診療室から住まいまで、医院建築に関する最新の資料と、秀れた建築設計例を収録する専門誌タイプのシリーズである。ベット数19床以下の医院は、地域医療の重要な社会施設でもあり、近年、医療機器の進歩、...続きを読む

アクティビティを設計せよ!

エスキスシリーズ①

アクティビティを設計せよ!

学校空間を軸にしたスタディ

小嶋一浩 編著  A4変・148頁   定価(本体 3,200円+税) ISBN:4-395-20051-6

多人数の異なるアクティビティが混在する空間は、まず機能ありきの空間では対応できない。いろいろな出来事が同時にあることを許容し、喚起する、緩やかでひとつながりの空間を学校空間を中心に考える。続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。