彰国社

検索

計画・設計

建築模型の本

見てすぐつくれる

建築模型の本

長沖充 著  A5・152頁  定価(本体 2,000円+税) ISBN:978-4-395-32049-3

一般的なスチレンボードをつかった建築模型をつくるための、基本的な手順、型紙のつくり方、素材の切り方、どのように模型を構成すればきれいに見えるのかといった、考え方からつくり方の基礎的なテクニックを、親し...続きを読む

小川晋一/ミニマル イズ マキシマル

小川晋一/ミニマル イズ マキシマル

小川晋一都市建築設計事務所 編著  A4・160頁  定価(本体 3,500円+税) ISBN:978-4-395-32043-1

2014年9月刊行のディテール別冊の書籍版。「カラー写真+空間のプロポーションを支えている寸法関係が書きこまれた図面」という構成でまとめた作品集。プレゼンテーション用としてダイアグラム的に表現をした平...続きを読む

家具から発想する建築計画

家具から発想する建築計画

宮宇地一彦 著  A4・176頁  定価(本体 3,000円+税) ISBN:978-4-395-32036-3

建築の形や空間づくりの前に、建築内部の身近なインテリア、つまり家具の寸法を測ることから、使われ方や配置を把握して空間全体をイメージしていく。住宅をはじめ21のビルタイプ別にその手法を学ぶ。建築学部の学...続きを読む

事例で読む 建築計画

事例で読む 建築計画

高柳英明・鈴木雅之・西田司 著  A4・96頁  定価(本体 2,400円+税) ISBN:978-4-395-32035-6

住む、働く、まなぶ、癒す、楽しむ・集まる、再生するといった生活行為に沿って事例を配し、建築の計画・設計に欠かせない建築計画の基礎を織り込む。解説に、事業計画や維持管理のマネジメントの要素も付し、個別解...続きを読む

図書館をつくる

図書館をつくる

堀場弘・工藤和美 編著/淺川敏 写真   A4・156頁  定価(本体 3,800円+税) ISBN:978-4-395-32029-5

“世界の美しい公共図書館100”に選ばれた「金沢海みらい図書館」を設計した建築家の著者によるもの。当図書館のほか国内外10館の事例を取り上げ、変革期にある図書館について考察する。また「金沢海みらい図書...続きを読む

現代木造住宅ガイド

感覚と電卓でつくる

現代木造住宅ガイド

腰原幹雄 著  B5・148頁  定価(本体 3,000円+税) ISBN:978-4-395-32025-7

空間と工法をふまえた「感覚」と、「電卓」を用いてとけるハードルの低い工学的な知識との双方を用いることで、木造住宅による自由な空間は実現できる。本書は、プロセスと実例から基本をふまえたうえで、さらに自由...続きを読む

近代建築を使い続けるためのデザイン

ディテール8月号別冊

近代建築を使い続けるためのデザイン

東京駅丸の内駅舎 保存・復原の記録

東日本旅客鉄道 監修・ジェイアール東日本建築設計事務所 編著  A4変・176頁  定価(本体 3,000円+税)

東京駅丸の内駅舎を保存し復原する計画・設計・施工の全ての段階での、保存・復原の基本理念に立ち返り進められた工事について、計画・設計・施工の基本理念、工事の基本方針、実際のディテールをひと繋がりに伝える...続きを読む

住宅の階段

住宅の階段

彰国社 編  A4・114頁  定価(本体 3,200円+税) ISBN:978-4-395-32020-2

雑誌『ディテール』で取り上げられた住宅の階段設計の事例を基にまとめたもの。住宅の階段設計のためのコラム(前説)と、183号に掲載された「今日のディテール」「住宅のディテールセレクション」のなかからセレ...続きを読む

Rhinoceros+Grasshopper建築デザイン実践ハンドブック 第2版

建築文化シナジー

Rhinoceros+Grasshopper建築デザイン実践ハンドブック 第2版

ノイズ・アーキテクツ 編著  B5・136頁  定価(本体 2,750円+税) ISBN:978-4-395-24123-1

世界のデザイン事務所で活用されている3Dアプリケーション「ライノセラス」とプラグイン「グラスホッパー」。数ある機能のなかから、建築の実務ですぐに役立つものを厳選し、それらを使いこなすための知識と手法を...続きを読む

ノイズを設計する

ノイズを設計する

あたりまえの建築をめざして

伊藤博之・川辺直哉・田井幹夫・松野勉 編著  B5・112頁  定価(本体 2,400円+税) ISBN:978-4-395-32016-5

ディテール別冊の書籍化。無秩序に立ち並ぶ建物や人々の生活から溢れ出すモノなどを「ノイズ」として位置付けるのではなく、感度を高め、そこに発される「声」を丁寧に聞きとり、建築の新たなフェーズに飛躍させる―...続きを読む

  • 新刊やイベントのお知らせ、現在編集中の企画、最新情報などをお届けしています。